適応検査

レーシックとは

近年話題に上がることの多いレーシック。
目を酷使することの多い現代において、視力を回復させることができるものということで、非常に多くの方が興味を持っておられることと思います。
そんなレーシックですが、具体的にどのような方法で視力を回復することができるのかを詳しくご存じでしょうか。
ここでは、レーシックとは一体どういったものなのかということについて、ご紹介したいと思います。

まず、レーシックというのは「Laser in Situ Keratomileusis」の頭文字をとった言葉です。
角膜屈折矯正手術という呼び方もされ、その名の通り、角膜の屈曲率を変えることで視力を矯正するものです。

手術の方法ですが、まずは目の角膜の表面をレーザーで薄く削り、フラップというフタを作ります。
その後、フラップをめくり、その部分にレーザーを照射することで角膜を削ります。
角膜を削ることで、屈曲率を変化させることができます。
照射後はフラップを元の位置に戻すことで自然に接着されて、フラップは元の状態に戻ります。

視力の回復は、手術後2~3時間でその効果を徐々に実感することができます。
翌日には、大半の人が視力回復の実感を得られます。
手術後は、視力がまだ安定しておらず、遠視のような状態になったり、左右で見え方に差があったりと、まだまだ不安定な状態が続きます。
しかしこれも1か月以内には安定するようになっていきます。
また、副作用としてドライアイやハロ・グレアといって夜の光がぼやけて見えるといった症状が出ることもあります。
これも3か月ほどすれば治まってきます。

視力がどれくらい回復するのかということは、個人差や角膜の状態によって違いがありますが、おおよそ1.0くらいまでには回復するとされており、1・5まで回復する人も珍しくありません。
目の手術ということで、安全性について疑問や不安を持つ方が多いですが、レーシックは医学的にも安全性が高い手術であるとされています。
過去に起こっているレーシックの合併症や副作用の事故は、手術を行った医療機関の衛生面などが原因であるとされており、クリニック選びさえきちんとすれば大丈夫です。

また、妊婦さんには気になる妊娠中のレーシックについての記事も参考にご覧ください。

このページの先頭へ